クローバー

おかえりなさい ケアホームへ
社会福祉法人 クローバーは、戸塚区に2つ,泉区に2つケアホームを運営しています。 戸塚区名瀬町にあった『ゆうきの里』が矢部町に引っ越しをして2つのケアホームに分かれました。
“おかえりなさい”の一言にこだわって、いるケアホームです。
 
みんとの家
 

〒 244-0002
横浜市戸塚区矢部町2082-11-2

TEL : 045-390-0983
FAX : 045-390-0983

  設備
れもんの家
 

〒 244-0002
横浜市戸塚区矢部町2082-11-1

TEL : 045-390-0981

  設備
いちごの家
 

〒245-0017
横浜市泉区下飯田町611-12
TEL : 045-802-8924
FAX : 045-802-8924

  設備
みかんの家
 

〒245-0017
横浜市泉区下飯田町611-11
TEL : 045-802-5241
FAX : 045-802-8924

  設備
ゆうきの里
防災訓練実施状況
 
2015年度
 
ゆうきの里
防災訓練実施状況
 
2015年度
 
 
 
いちごの家
いちごの家ってどんなところ?
 

 いちごの家では、知的障害を持つ5名の女性が毎日楽しく共同生活を送っています。
「ただいまぁ♪」と帰ってきてから、翌朝「いってきます!」と出掛けて行くまでの生活の中で、いちごの家の仲間たちは、気づくとみんなが1Fのリビングにいて、TVを観ながらおしゃべりを楽しんだり…、一緒に折り紙を折ったり…、みんなの中で独り黙々とパズルに取り組んでいたり…、過ごし方はそれぞれですが、みんなが同じ空間ですごしているので、いつも笑顔と笑い声があふれています。
 いちごの家の仲間の年齢は様々ですが、家族との時間も大切と考え、自宅への帰省も実施しています。家族との時間を楽しみ、またいちごの家での共同生活を頑張っています。

  設備
食事について
 

 食事は、いちごの家でみかんの家の仲間と一緒にしています。
初めの理由は、調理のスタッフ体制が整わないため、合同での食事としていました。しかし、各ホームで食べるよりも楽しいから、ずっとこのままが良いという仲間の声が多くあったので、それ以来ずっと合同での食事としています。
 食事内容については、配達食材業者を利用し、カロリー計算されたメニューを、夕・朝食共に、調理スタッフが調理したものを提供しています。
 仲間の声、希望なども考慮して、メニューについて配達食材業者と相談をしながら、日々の食事を考えています。

  食事
防災訓練実施状況
 
2015年度
 
みかんの家
みかんの家ってどんなところ
 

みかんの家は、知的障害を持つ、6名の男性が毎日楽しく共同生活をしています。入居されている方達は20代~50代までと幅広い年齢の方が生活されていますが、年齢の差を感じさせない程、皆さん仲良く、団結力があります。日々の生活を、より楽しく充実したものにする為、みかんの家では、一年を通し色々なイベントを、入居者さんと企画し、実行しています。夏にはスイカ割りや、流しそうめんの他に地域の盆踊り大会に参加したり、冬にはクリスマス会をしています。毎年1回皆で旅行にも行っています。

  設備
食事   食事   食事
 
    ↑ いちごの家の入居者さんと          2012年 伊豆旅行                 2014年 広島旅行               
    一緒に流しそうめんパーティー

 
食事について
 

食事は、いちごの家でいちごの家の仲間と一緒にしています。初めの理由は、調理のスタッフ体制が整わないため、合同での食事としていました。しかし、各ホームで食べるよりも楽しいから、ずっとこのままが良いという仲間の声が多くあったので、それ以来ずっと合同での食事としています。食事内容については、配達食材業者を利用し、カロリー計算されたメニューを、夕・朝食共に、調理スタッフが調理したものを提供しています。仲間の声、希望なども考慮して、メニューについて配達食材業者と相談をしながら、日々の食事を考えています。クリスマスにはパーティーメニューにケーキが付いたりと、季節や行事に合わせた食事を楽しんでいます!!

  食事
防災訓練実施状況
 
2015年度
 
いちごの家&みかんの家 メンバー会議
 
 毎月2回実施
 
PAGETOP
 

HOME | 法人の紹介 | であいの里 | フロンティア | フレンズショップ | Begin・いとぐるま | ケアホーム | 募集中 | お問合せ | お知らせ | 写眞館 | 資料館| 掲示板